×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビーチバレーボール 浦田聖子〜ビーチバレー戦歴情報!

ビーチバレーボール 浦田聖子〜ビーチバレー戦歴

カテゴリー :浦田聖子

 浦田 聖子(うらた さとこ、1980年12月22日 - )は、日本のプロビーチバレーボール選手である。元インドアバレーボール選手で、コートネームはラン。レオパレス・ウィンズ所属しています。
ビーチバレーボールの主な戦歴
2004年 
ジャパンサーキット 優勝
2005年 
ジャパンツアーお台場大会 優勝
ジャパンツアー宮崎大会 準優勝
ジャパンツアー大阪大会 9位ジャパンツアー愛媛大会 準優勝
ジャパンツアー福岡大会 優勝
ジャパンツアーお台場大会 3位
2007年 
2007 ジャパンツアー東京大会 優勝
ジャパンレディース大阪大会 優勝
2002年ビーチバレーボールに転向後、2003年、佐伯美香とペアを組んで急激に力をつけ、2004年のワールドツアーでは、7位に入賞しました。浦田聖子さんは、国内でも屈指のプレーヤーで、国内ツアーでは優勝争いの常連です。2006年からは鈴木洋美とペアを組み、国内外を転戦して北京オリンピック出場を目指しています。

コラム > ビーチバレーボール 浦田聖子〜ビーチバレー戦歴について書かれています。

ビーチバレーボール 女子〜歴史1

カテゴリー :女子

 ビーチバレーボール(beach volleyball)は、バレーボールから生まれた砂浜などで行われているスポーツです。砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦するメジャーになりつつある競技です。

ビーチバレーボールは、アメリカ発祥のビーチスポーツで1920年代はじめ、カリフォルニア州サンタモニカのビーチレジャーとして始まったのが発祥とされています、その後、ヨーロッパに伝えられ、1927年にはフランスのヌーディストビーチにおけるレクリエーションとして親しまれました。

草創期には6人制で行なわれていたが、1930年にはダブルスで競技した記録が残っています。
 1950年代のアメリカでは美人コンテストやテレビ番組とタイアップしたショーの一部としてビーチバレーボールがメディアの注目を集めました。

その後、そして、1960年、カリフォルニア州で第1回マンハッタン・ビーチ・オープンが開催されました。
この時期にフランスでもプロ・トーナメントが開催されている。競技団体の整備は1980年代に進み、1983年にはアメリカでビーチバレーボールのプロ選手らが自ら運営する団体、AVP(Association of Volleyball Professionals)が発足しました。

日本でも、最近は女子ビーチバレーボールの浅尾選手の活躍でビーチバレーボールの人気が出てきています。

コラム > ビーチバレーボール 女子〜歴史1について書かれています。

ビーチバレーボール 女子〜現在

カテゴリー :女子

 ビーチバレーボールは、1987年、国際バレーボール連盟(FIVB)公認の初の国際トーナメント大会がブラジル、リオデジャネイロのイパネマ・ビーチで開催され、これが第1回の世界選手権大会とされています。さらにFIVBは1990年、世界各地を転戦する国際サーキットを開始しています。

1992年のバルセロナオリンピック開催期間中には、スペインのアルメリアで5大陸から100人以上の選手が参加し、公開競技が行なわれました。
 これらの盛り上がりを受けて、1996年のアトランタオリンピックではついにビーチバレーボールは、夏季オリンピックの正式種目となりました。

日本でもこの後ビーチバレーボールは、少しずつ認知度も上がり、特に女子は、浅田選手をはじめバレーからの転向する選手の今に至る注目させる状態にまでなったのです。ビーチバレーボールといえばこの浅尾選手をイメージする人も多いはずです。

今では女子ビーチバレーボールの浅尾美和選手などによりギャラリーが多くなってきています。鈴木選手や西堀選手浦田選手なども人気です。

コラム > ビーチバレーボール 女子〜現在について書かれています。